ドロヌマ
 ドロヌマ

2020年は飲食店の9割が売上の減少に苦悩。新型コロナに翻弄された年に-シンクロ・フード調査

新着ニュース30件






























2020年は飲食店の9割が売上の減少に苦悩。新型コロナに翻弄された年に-シンクロ・フード調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
飲食店に特化したリサーチサービス「飲食店リサーチ」を運営する株式会社シンクロ・フードは、飲食店.COM会員を対象に、飲食店における2020年についてアンケート調査を実施した。
https://www.inshokuten.com/research/company/
約9割が「昨年より減少した」と回答
新型コロナウイルスの世界的な流行に見舞われた2020年は、これまでに類を見ないほど厳しく、また変化を強いられた一年となった。

そこで、コロナ一色の今年は、飲食店にとってどのような年だったのか改めて調査するべく、アンケートを実施した。

はじめに、2020年11月の経営状況について昨年同月と比較してもらったところ、「前年同月より50%以上減った」との回答が21.2%と最も多く、次いで「30%減った(18.5%)」、「20%減った(16.2%)」、「40%減った(13.5%)」と続いた。

借金

10月の売上の昨年対比が、「前年同月より30%減った(16.4%)」、「50%以上減った(15.4%)」、「20%減った(15.2%)」。

9月売上の昨年対比が、「前年同月より30%減った(22.9%)」、「50%以上減った(19.4%)」、「20%減った(4.5%)」となっていたことから、9月以降ゆっくりと回復の兆しが見られた経営状況だったが、11月に入り再び下降傾向にあることがわかった。
ほとんどの飲食店が売上の落ち込みを経験
続いて2020年の年間総売上の昨年対比について聞いてみると、最も多かったのは「2019年の総売上より30%減った」との回答で20.6%。続いて「40%減った(16.8%)」、「70%以上減った(13.9%)」、「50%減った(11.9%)」となった。

借金

データを集計すると、昨年の総売上よりも「減少した」と回答した人は9割近くにのぼり、2020年の一年間で、ほとんどの飲食店が売上の落ち込みを経験していることが明らかとなった。                     
<本調査について>
■調査概要
調査対象:飲食店.COM会員(飲食店経営者・運営者)
回答数:519名
調査期間:12月16日(水)~12月18日(金)
調査方法:インターネット調査





(慶尾六郎)




Amazon.co.jp : 借金 に関連する商品
  • ラーメン店の倒産、初の年間40件超えで過去最多ー帝国データバンク調査(1月17日)
  • 新型コロナに立ち向かう医療やエンタメ従事者を支援する「Dress farm 2020基金」1月12日より支援先の第2回目の公募を開始!(1月16日)
  • 20年の冬季賞与、企業の32.5%が新型コロナの影響で減少~帝国データバンク調べ(1月9日)
  • 企業の休廃業・解散、すでに5万件を突破。各種支援で抑制傾向、2年ぶりに減少へ―帝国データバンク調査(1月8日)
  • 司法書士による『年末年始 労働・困りごとLINE相談会』開催(1月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    ドロヌマモバイルサイトへアクセス
    http://www.doronumanews.com/