ドロヌマ
 ドロヌマ

コロナ禍によって「早起き派」と「遅起き派」の二極化が進む首都圏ビジネスマンーFutonto調べ

新着ニュース30件






























コロナ禍によって「早起き派」と「遅起き派」の二極化が進む首都圏ビジネスマンーFutonto調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーダーメイド枕店まくらぼを運営するFutonto株式会社は、無料でサービス提供している睡眠計測アプリ「睡眠ランキング」から、コロナ禍でしばしば緊急事態宣言の影響を受けている首都圏一都二県を対象に、30~59歳男性ユーザーの睡眠スタイルを調査した(サンプル数:466人、2021年6月10日調べ)。

リモートワークに移行した会社とオフィス勤務が続く会社に二分
調査の結果、一都二県の働き盛り世代男性の平均睡眠時間は「6時間9分」となり、前述の厚生労働省の調査結果と同様に、睡眠が不足しがちな首都圏ビジネスマンの姿が浮かび上がってきた。

また、コロナ禍感染拡大前と比べてビジネスマンの睡眠がどう変化したのかを、2019年から2021年起床時刻別割合の推移で見ると、2019年に一番多かった6時台に起きるユーザーが2020年から徐々に減少し、5時台の“早起き派”と、8時台の“遅起き派”が急増していることがわかる。

借金

このデータから平均睡眠時間だけではわからない、ビジネスマンの睡眠が二極化している現状が見えてきた。

同社では、これは首都圏でも企業規模や業種、雇用体系によって、リモートワークに移行した会社とオフィス勤務が続く会社に二分されていることが要因のひとつと考えられると分析している。

▼睡眠計測アプリ「睡眠ランキング」
https://www.makulab.jp/suiminranking/

           (慶尾六郎)
Amazon.co.jp : 借金 に関連する商品
  • アディッシュ、企業価値の低下につながるネット炎上に自社内で対策するSNS炎上対策をSaaS化した「Pazu」を開発、提供開始(9月19日)
  • あなたの老後に必要なお金とその貯め方がわかる!『書けば貯まる!今から始める自分にピッタリな老後のお金の作り方』刊行(9月16日)
  • 旅行会社の倒産・廃業、8カ月で過去最多を更新ー帝国データバンク調べ(9月12日)
  • 「第26回 東京10士業 暮らしと事業のよろず相談会」 9月18日(土)新宿駅西口広場イベントコーナーにて開催(9月8日)
  • 新型コロナウイルス関連倒産がついに2,000件に―帝国データバンク調べ(9月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    ドロヌマモバイルサイトへアクセス
    http://www.doronumanews.com/