ドロヌマ
 ドロヌマ

正社員の人手不足は52.6%、「2024年問題」の建設・物流・医療業では、約7割―帝国データバンク調べ

新着ニュース30件






























正社員の人手不足は52.6%、「2024年問題」の建設・物流・医療業では、約7割―帝国データバンク調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年の人手不足を要因とした倒産は260件にのぼり、過去最多を大幅に更新し、人手不足による企業経営への悪影響が顕著にみられた一年だった。

物価上昇にともない、活発となった「賃上げ」は、人材の確保・定着には欠かせない手段であるなか、いわゆる「年収の壁」問題から、結果的に総労働時間の制約が指摘されるなど、課題は山積している。

人手不足が2024年の景気を見通すうえで懸念材料の上位にあげられているなか、企業の人手不足の状況について、調査を実施した。

借金

人手不足を感じている企業ほど、「賃上げ」を実施予定
<調査結果(要旨)>
正社員の人手不足企業の割合は52.6%。業種別では、ITエンジニア不足が顕著な「情報サービス」が77.0%でトップとなり、過去最高を更新する高水準に。「2024年問題」が懸念されている建設/物流/医療業では、それぞれ約7割となった。

非正社員の人手不足割合は29.9%。業種別では「飲食店」(72.2%)がトップ。また、派遣人材の不足が聞かれる「人材派遣・紹介」(62.0%)も、6割超で続いた。

新型コロナウイルス感染症の「5類移行」により、経済の正常化が進んだ2023年は人手不足の高止まりが続いたが、正社員・非正社員ともに、2024年も同様の傾向で推移することが見込まれる。

なかでも、ITエンジニア不足が顕著な情報サービス業や、「2024年問題」が懸念される業種ではさらなる上昇も見られ、今後さらに人手不足が深刻化する可能性がある。

また、人手不足を感じている企業ほど、2024 年度の賃上げを実施見込みであるという傾向が表れた。一方で、原材料・エネルギーなどのコスト高騰も重くのしかかるなか、賃上げが難航しているという声も寄せられている。

そうしたなかで、同業他社の動向なども考慮しつつ、どのように賃上げを行い人材の定着・確保へとつなげられるか、企業は人手不足解消に向けた重要な局面に立たされている。



Amazon.co.jp : 借金 に関連する商品
  • クロスメディア・パブリッシング、『元銀行員×経営者が教える 幸せになるための事業承継とM&A』発売(6月18日)
  • 【北浜グローバル経営 経営破産 対策】北浜グローバル経営にものづくり補助金の申請支援を依頼していた事業者向けの専門対策チームを発足し、無料相談窓口を設置。(6月12日)
  • 2024年の新社会人。奨学金の返還があるのは6割以上―LENDEX調べ(6月11日)
  • 【北浜グローバル経営 経営破産 対策】北浜グローバル経営に事業再構築補助金の申請支援を依頼していた事業者向けの専門対策チームを発足し、無料相談窓口を設置。(6月6日)
  • 【北浜グローバル経営(大阪)が破産】北浜グローバル経営と提携していた、商社向けの補助金申請支援 専門対策チームを発足。無料相談窓口を設置し、事業化状況の報告などのアフターサポートの提供を開始。(6月4日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    ドロヌマモバイルサイトへアクセス
    http://www.doronumanews.com/