ドロヌマ
 ドロヌマ

20代・30代のアルバイト・パートの約45%が「解雇、雇い止めにあった」―ジェイック調査より

新着ニュース30件






























20代・30代のアルバイト・パートの約45%が「解雇、雇い止めにあった」―ジェイック調査より

このエントリーをはてなブックマークに追加
企業向けの教育研修事業と若年層向けの就職支援事業を展開する株式会社ジェイックは、20代・30代のアルバイト・パート状況に関するアンケート結果を発表した(回答者776名、調査日11月3日~12月8日)。
アルバイト・パートの約45%が「解雇、雇い止め」や「シフトが減った」
厚生労働省によると、2月以降、12月4日までに新型コロナウイルス感染拡大に関連する解雇や雇い止めにあった人は、約7万5,000人と発表されている。

また、総務省が12月1日に発表した労働力調査によれば、10月の完全失業率(季節調整値)は3.1%であり、9月の3.0%よりも悪化している。

借金

このアンケートでも、「解雇、雇い止めにあった」7.4%、「シフトが減った」37.4%、「シフトが増えた」2.7%、「特に変わらない」52.5%という結果が出ている。

「解雇、雇い止めにあった」と「シフトが減った」を合わせると44.8%に上るという、現在の厳しい状況を反映した内容となった。

【調査概要】
名称   :20代・30代のアルバイト・パート状況に関する調査
対象   :当社サービスに登録した20代・30代の求職者
回答者数 :776名
期間   :11月3日~12月8日     (慶尾六郎)
Amazon.co.jp : 借金 に関連する商品
  • 専門家にお金の悩みを気軽に相談できる、お金の相談サービス「MoneQ(マネク)」リリース(4月16日)
  • 企業の「コンプライアンス違反」倒産は9年ぶり200件割れ―帝国データバンク調べ(4月11日)
  • クレジットカードの審査に不安を感じる人は69.2%も!クレカの審査における申込者の不安な理由や審査落ち経験の有無について465名へアンケートを実施(4月10日)
  • 2020年度の飲食店倒産 715 件、「酒場・ビアホール」は過去最多―帝国データバンク調べ(4月5日)
  • コロナショックの影響が少ない業種は「住宅・建設業」―タナベ経営調査(4月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    ドロヌマモバイルサイトへアクセス
    http://www.doronumanews.com/