ドロヌマ
 ドロヌマ

司法書士てらやま事務所、時効の援用相談窓口をリニューアル ~ 一定の条件を満たせば、支払義務から逃れられる場合あり

新着ニュース30件






























司法書士てらやま事務所、時効の援用相談窓口をリニューアル ~ 一定の条件を満たせば、支払義務から逃れられる場合あり

このエントリーをはてなブックマークに追加
ずっと以前にお金を借りたことがある業者から「突然督促状が届いた」、「裁判所から呼出状が届いた」、「聞いたこともない債権回収会社から請求を受けた」、「訪問による督促を受けた」等の請求を受け、どう対応すれば良いか?という相談が増加している。

これに伴い、司法書士てらやま事務所は、時効援用の無料相談窓口をリニューアルした。、

借金

身に覚えのない借金の督促や、聞いたこともない債権回収会社から請求を受けたという相談も受け付けています。
「借金をしたことがないのに請求を受けている」しかし、よくよく調べると、保証人になっていたなどの悩みも日本全国からご相談を受けている。

2022年3月21日(月)で、全国的に蔓延防止等重点措置が解除される見込みとなり、債権者の動きがにわかに活発化しているように思われる。

先日も、しばらく請求が止まっていた債権者から通知が届いたという相談もいくつか見受けられる。コロナ禍が落ち着きを取り戻すにつれ、債権者からの請求の動きも本格化してくることが予想されるという。

司法書士てらやま事務所(名古屋市中村区則武2丁目14番4号
カーサスギトピア 2E)では、「敷居の低い、相談しやすい」事務所を目指しており、以下のような対応をとっている。

・午前9時から午後8時まで営業
・土日祝も営業
・相談は無料
・着手金不要の分割払い
・面談予約は1日2件まで
■時効援用の『無料相談』はこちらから
【土日祝・夜間対応可】
フリーダイヤルはこちら→0120-477-042
詳細はこちら→ https://jikou-no-kansei11935.xyz/


Amazon.co.jp : 借金 に関連する商品
  • 正社員の人手不足は52.6%、「2024年問題」の建設・物流・医療業では約7割―帝国データバンク調べ(3月2日)
  • 【コロナ禍前後に見る信用リスク変化】飲食店の経営に黄信号。信用リスク「高」―帝国データバンク調べ(2月25日)
  • 事業承継デザイナー奥村聡氏が、中小企業経営者向け紙上講義『社長をヤメる大学』開設(2月22日)
  • 個人事業主の確定申告戦略!銀行が融資したくなるには?~日本政策金融公庫・信用保証協会・信用金庫などに対応(2月16日)
  • 倒産件数、21カ月連続で前年同月を上回る。10カ月累計、2022年度の件数超える ― 全国企業倒産集計2024年1月報(2月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    ドロヌマモバイルサイトへアクセス
    http://www.doronumanews.com/