ドロヌマ
 ドロヌマ

【2024年下半期以降の業種別倒産発生予測ランキング】建設業が3業種ランクインーアラームボックス調べより

新着ニュース30件






























【2024年下半期以降の業種別倒産発生予測ランキング】建設業が3業種ランクインーアラームボックス調べより

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI与信管理サービスを提供するアラームボックス株式会社は、2023年6月1日~2024年5月31日の期間に収集された14,058社・223,571件のネット情報等から1年以内に倒産する危険性がある“要警戒企業”を分析・抽出し、「倒産危険度の高い上位10業種」を予測した。

2024年問題による人手不足の影響で、採算性が悪化しやすい業種が多くなる傾向に
それによると、倒産可能性の高い業種の上位には、円安による輸入資材・原材料の高騰や、2024年問題による人手不足の影響を受けて、採算性が悪化しやすい業種が多くなる傾向となった。

借金

この資材高騰と人手不足のどちらの影響も受ける工事業が、10位以内に3業種ランクインしており、倒産関連情報が多く発生していたことから、厳しい業況が伺えた。

また、運送業が2業種ランクインしており、工事業と同じく2024年問題の影響を受けている他、燃料費高騰による運行コスト増大が原因の倒産関連情報が多くなっていた。

◆調査概要
調査期間:2023年6月1日〜2024年5月31日
対象企業:アラームボックスでモニタリングしていた企業のう
     ち、14,058社
対象データ:アラームボックスで配信されたアラーム情報223,
      571件

             (坂土直隆)
Amazon.co.jp : 借金 に関連する商品
  • 「歯医者」の倒産・廃業、前年から倍増ペース。過去最多を大幅更新へ、虫歯治療の減少など影響―帝国データバンク調べ(7月16日)
  • 人手不足倒産、過去最多ペース。「2024年問題」が直撃―帝国データバンク調べ(7月8日)
  • リスクモンスターの企業データベースが、「Salesforce」と連携可能に(7月3日)
  • 「黒字倒産」回避のために、経営者にこそ試算表の重要性を感じてほしい、『自社の経営状態がタイムリーにつかめる 試算表の教科書』 7月1日刊行(7月3日)
  • 【北浜グローバル経営 倒産 無料相談開始】AMS 自動車整備補助金助成金振興社と提携し、ものづくり補助金の申請支援を相談していた事業者向けの無料相談を開始(7月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    ドロヌマモバイルサイトへアクセス
    http://www.doronumanews.com/