ドロヌマ
 ドロヌマ

新電力の倒産、過去最多の14件が発生―帝国データバンク調べ

新着ニュース30件






























新電力の倒産、過去最多の14件が発生―帝国データバンク調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加
帝国データバンクでは、新電力会社の倒産動向と今後の見通しについて調査・分析を行った。

過去最多を大幅に更新
それによると、みなし小売電気事業者(旧・一般電気事業者)を除く「新電力会社」(登録小売電気事業者)の倒産は、2021年度(2021年4月~22年3月)に14件発生した。

借金

年度を通じて倒産が2ケタに達したのは初めてで、前年度の2件から急増、過去最多を大幅に更新した。

また、電力小売事業からの撤退や新規申し込み停止も相次いでおり、2021年4月に営業が確認できた新電力約700社のうち、約4%に当たる31社が過去1年間で倒産や廃業、事業撤退などを行ったことが分かった。

2021年度に倒産した新電力の多くは、自前の発電所を持たず、調達の多くを卸市場に依存していた。そのため、昨シーズン(2020-21年)冬の市場価格高騰で電力調達コストが大きく上昇し、採算性が悪化した。

加えて、莫大なインバランス分の支払い負担が重荷となり、F-Power(2021年3月会社更生法)をはじめ、巨額の負債を抱え経営破綻に至った。その後も、電力調達価格は下がらず、秋以降はエネルギー価格の高騰で卸電力価格が再度高騰した。

1度目のインバランス料金支払いで、経営余力を削がれた新電力各社の経営を直撃しており、今年3月にはホープエナジーが負債300億円を抱えて、破産手続き開始決定を受けた。

            (坂土直隆)
Amazon.co.jp : 借金 に関連する商品
  • 任意整理経験者100人のうち93人が「任意整理をしてよかった」と回答~弁護士法人調査(5月26日)
  • ”事業再生についての相談タイミングが遅い企業は多い”と思う専門家は、9割以上―PMGパートナーズ調べ(5月22日)
  • 豊中市が低所得の子育て世帯に5万円支給、6月定例会に補正予算案を提出(5月21日)
  • <募集のご案内>  第56期瀧冨士基金奨学生を2022年6月30日まで募集(5月18日)
  • 止まらない円安・物価高の状況下、倒産は引き続き抑制、減少率ほぼ横ばい―帝国データバンク調べ(5月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    ドロヌマモバイルサイトへアクセス
    http://www.doronumanews.com/