ドロヌマ
 ドロヌマ

不正発覚による倒産、過去最多の300件―帝国データバンク調べ

新着ニュース30件






























不正発覚による倒産、過去最多の300件―帝国データバンク調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加
帝国データバンクは、「粉飾」、過積載や産地偽装などの「業法違反」、所得・資産の隠蔽などの「脱税」などのコンプライアンス違反が取材により判明した企業の倒産を、「コンプライアンス違反倒産(コンプラ違反倒産)」と定義。2022年度の同倒産(法的整理のみ、負債1,000万円以上)について分析した。

コンプラ違反が明らかになり、信用を失うケースが散見される
それによると、2022年度のコンプライアンス違反倒産は300件と、前年度から96件(147.1%)増加し、2年連続で前年度を上回った。また、これまで最多であった2015年度の289件を上回り、2005年4月の集計開始以来、最も多くなった。

借金

これまでピークであった2015年度以降、コンプラ違反倒産は、緩やかな減少傾向を示していた。特に2020年は、コロナ対策の給付金やゼロゼロ融資など、各種支援策が企業に幅広く行き渡り、一時的に倒産が抑制されたことで、コンプラ違反による企業の倒産が表面化しづらくなっていたとみられる。

しかし、新型コロナが収束に向かい、全体の倒産件数が上向いてきているなかで、コンプラ違反が明らかになり、信用を失うケースが散見されるようになった。

集計期間:2005年4月~2023年3月31日
集計対象:負債1000万円以上法的整理による倒産
調査機関:帝国データバンク

           (坂土直隆)
Amazon.co.jp : 借金 に関連する商品
  • 「歯医者」の倒産・廃業、前年から倍増ペース。過去最多を大幅更新へ、虫歯治療の減少など影響―帝国データバンク調べ(7月16日)
  • 人手不足倒産、過去最多ペース。「2024年問題」が直撃―帝国データバンク調べ(7月8日)
  • リスクモンスターの企業データベースが、「Salesforce」と連携可能に(7月3日)
  • 「黒字倒産」回避のために、経営者にこそ試算表の重要性を感じてほしい、『自社の経営状態がタイムリーにつかめる 試算表の教科書』 7月1日刊行(7月3日)
  • 【北浜グローバル経営 倒産 無料相談開始】AMS 自動車整備補助金助成金振興社と提携し、ものづくり補助金の申請支援を相談していた事業者向けの無料相談を開始(7月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    ドロヌマモバイルサイトへアクセス
    http://www.doronumanews.com/